マンションを選ぶことは、パートナーを探すようなものだと思います。

マンションは利便性や快適性と安全性が特徴です。

 

また、中古マンションを購入する際は、リノベーションをすることをおススメしています。

 

中古マンションのメリット・デメリット

中古マンションのメリットと言えば、『低料金』と『立地条件の良さ』というところでしょうか。

新築ではないので料金も安く、駅周辺などで選ぶことも可能。

新築マンションと違い、実際の部屋を見て、触って決めることもできますし、環境や住民の家族構成もわかり、管理の状態などもわかります。

安く購入してリフォームという手もありますので、新築マンションにこだわらず、中古マンションを選んだ方が賢い買い方なのかもしれません。

 

しかし、当然デメリットもあります。

中古ですから生活傷は無数にあるでしょうし、設備機器などの償却度も高くなります。

お金の面では、仲介する会社を介すので、仲介手数料が別途取られます。

公的融資を利用した場合、新築よりも返済する期間が短い為、月々の返済額が高くなります。

『修繕積立金(マンションの修理費用に当てられるお金)』は、築年数に合わせて増加するのが一般的なので、新築マンションよりも高いなどがあげられます。

 

マンションを購入すると家計はどうなる?

「中古マンションを買ったら家計が大ピンチ」なんてことにならないためにはどうすれば?

購入する前から、あらかじめ収支の予測を立てておけば家計が火の車になる

心配はない_実際に中古マンションを購入した先悲の家計を参考にしてみよう!

○光熱饗は思ったより増えてません。子どもが小さいので床暖房の安全性と快適さは◎

○購入後はお金のやりくりがしっかりできるように貯蓄額も購入前よりプラスです

○家計に大きな変化はなし。住居費力無駄にならずに自分のものになる実感があります

 

家計の変化を予測すれば購入後も安心住宅ローンは無理なく払える?

光熱費はアップする?

税金などの負担が大変そう?

など、中古マンション購入後のお金の配は人それぞれ。

 

そんな心配をなくすには、家計がいつ、どのくらい増減するかを予測し、無理の無い計画を立てることがポイント。

購入後すぐに変わりやすいのが、住居費と光熱費。

住居費は住宅ローンの返済のほかに管理費や修繕積立金をはらうことになるが、これらは将来にわたって快適に住むために必要なお金です。

 

マンションの選び方

まずは、建設地の地盤や地質がどうであるのか。

基礎工事がどのように行われているのかが建築構造がしっかりしているチェックポイントになります。

実際に施行する会社の実績と信頼のある会社でないといけません。

レベルも重要なチェックポイントの一つです。

 

快適さを守る為の、日常の清掃やゴミ出しだけではなく、長期修繕計画や管理内容も重要なところです。

一人暮らしでは、万一ライフラインのトラブルが起きた場合、いつでも(365日24時間)対応する管理会社でないと安心できません。

人間と同じように見かけだけではなく、中身が重要ですから、会社の大きさや営業マンの雰囲気、モデルルーム等が格好よく飾られているもので判断せず、その事業主の考え方や良い部分と悪い部分を明確に説明している等を確認して、自分がよいと思えるものを他物件と比較してみることが大事なところです。

 

中古マンションは、新築マンションより安く購入でき、さらに実際の部屋をすみずみまで見て選ぶことが出来るという最大のメリットがあります。

物件はしっかりと見極め、新築とは違う視点からも目と耳で確認し、選ぶことが重要です。

しかし、中古マンションの場合、売主の方がいらっしゃるケースも多いので、必ず了解を得た上で行うことが、気持ちよく購入する秘訣です。

まずは、マンションの近くに大きな空き地、敷地が無いかを確認してください。

近い将来に大きな建物が建つ可能性がある場合、日当たり・突風など、さまざまな影響が考えられます。

 

次に環境のチェックですが、ごみ置き場・駐輪場などの場所と、管理状態。ポストに配られているチラシの内容、そして綺麗に管理されているかどうかのチェックもそれぞれ必要です。

さて、ではマンションの中へ入っていきましょう。

エントランスは綺麗に掃除されていますか?

廊下は住人の性格、管理状況がとても分かりやすい所です。

無造作に荷物を置いていないか、綺麗に掃除されているか確認してくださいね。

 

中古マンション選びのチェック項目

中古マンションの最大のチェック項目はお部屋の中にあります。

玄関の収納は充分にありますか?

段差は大丈夫ですか?

各部屋の段差もチェックしてください。

そして、各ドア・窓の開閉状態をみましょう。

キッチン・トイレなどの設備機器も動くようなら動かしてみてください。

中古マンションの場合、契約・引渡し後の故障等は、購入者の自己負担が一般的です。

可能な限りチェックをしましょう。

 

水圧も場所によっては弱いことがあります。

できるようであれば、ビー玉などを床に置いて水平状態も見てください。

窓を開けて騒音状態、風の強さなど、耳と肌で感じてみてください。

傷や痛んだ箇所のチェック、畳の歪み具合、隣や上からの物音なども確認しましょう。

天井の高さや梁なども時によっては障害となります。

エレベーターや浄水タンクなど定期的に検査している等の情報がわかりますので、住民用の掲示板にも目を通してみるといいですよ。

 

中古マンションに限らず、家を選ぶ時には、まず、周辺の環境が整っているかもポイントのひとつになります。

近くにスーパーがあるかどうか、コンビニも確認しておくとイザというときに便利ですね。

 

近くを走っている道路の交通量はどうか。

普通はそれ程ではないが、通勤時になると極端に交通量が増える、週末は静かな道だが、平日の夜になると交通量が激増、騒音で眠れないというケースもありますので、チェックしておくと良いでしょう。

昼間は雰囲気の良い道も、夜になると明かりの全く無い暗い道、という場合があります。

供さんのいるご家庭や、夜遅く帰宅する事が多い家族がいる場合は、夜、実際の道を見ておく事も必要だと思います。

また、過去にあったトラブルの有無も聞いておくと良いでしょう。

活音などでトラブルがあった、水漏れがあったなどの情報は知っておいて損はありません。

仲介業者に質問をした時の対応次第で、仲介業者の信頼度もわかります。

 

中古マンションは、新築時と同じではない仲介業者を選ぶとマンションの詳細な資料が揃っていません。

出来れば新築時と同じ仲介業者を選ぶと良いでしょう。

細かな情報も聞けますし、土地の履歴などもその場でわかり安心です。

 

もし、別の仲介業者で、マンションの資料がない場合は、登記簿謄本をチェックすると良いでしょう。

マンション着工前は有害物質(人間の健康・生態系に悪影響を及ぼす物質)を扱っていた事業社や工場などの施設だったという場合、土壌汚染(土砂等が有害物質で汚染され、一定の基準値を超えた状態)なども考えられます。

また、その他の情報もわかりますので、購入前に一度確認してみてください。

 

現在では、インターネットで登記簿を閲覧することが出来ますし、オンライン化する前の土地であれば、閉鎖謄本を取り寄せることも可能です。

また、耐震構造ですが、1981年以降のマンションであれば、建築基準法の改正後の物件なので新耐震基準を満たしており安心です。

Copyright© こだわり中古マンション生活 , 2020 All Rights Reserved.